地域防災 of 和泉市災害ボランティアセンター検討会SVCK


(社福)和泉市社会福祉協議会

HOME > 地域防災

受援力

災害時には、地域外からたくさんのボランティアがかけつけます。
そのボランティアの力をうまく引き出すことが、復興を早めることに繋がります。

◎災害ボランティアの問題点
地域外から集まるボランティアの人たちは、地名や地域の人間関係がわからず、対応に手間取る
土地勘も無いので、時間や配車等など、非効率的なコーディネートになる

◎誰が何を求めているのかを把握することが困難
災害ボランティアセンターが開設されたことを知らなかったり、
災害ボランティアの人たちへの理解が得られないこと(見知らぬ人たちの訪問や無料で依頼することへの戸惑い)で、ニーズ(依頼)があがってこない

juemryoku.png

◎ボランティアを受け入れる環境
地域内の人が、どのような状況なのかを積極的に伝え、仲介をすることで、ボランティア活動を迅速に効率的に行うことができます。

◎ボランティアを受け入れる知恵
たくさんのボランティアの人たちとやりとりをすることは困難なので、そのサポートをする為に災害ボランティアセンターが設置されます。
まずは、災害ボランティア活動やセンターの仕組みを知ることから始めましょう。

また、事前に地域の情報が整理出来ていないと状況を伝えることができません。
危険箇所のマッピング、校区別や町会別のマップづくりや安否確認のシステムをマニュアル化しておけば、ボランティアの受入れに役立てることもできます。

いずれにしても、日頃から地域内でのつながりや助け合いを深めておくことが重要
LinkIcon詳しくは、内閣府防災担当のパンフレットをごらん下さい。

要援護者支援(安否確認と避難誘導)

◎要援護者とは...
災害時に行動の制約を受けやすい、高齢者・障がい者・病弱者・乳幼児・妊婦、また災害情報の入手や安否確認が困難である外国人や観光客など、被害を受けやすく、安全な場所への避難行動や避難時での生活において困難が生じる人たちです。

災害時に、速やかに安否確認や避難誘導を適切に行うためには、どのまちにどのような支援を希望する要援護者が居住しているかを把握しておくことが必要となります。

LinkIcon和泉市災害時重度障害者及び要援護高齢者等の安否確認情報の登録制度

◎地域での助け合いのしくみづくり
要援助者の救助方法.png
阪神・淡路大震災の例を見てもわかるように、災害時に要援護者を地域で守らなくてはいけないのは明らかです。
自治体や消防だけに頼るのではなく、今後は地域でも助け合いにしくみづくりが必要です。


・地域での話し合い

  • 自治体や消防署などの協力を得て、講習会や説明会を開く
  • 名簿の使用範囲と管理、規約作り、説明会の実施など

・要支援者の把握

  • 一人で避難するのが困難な人、災害情報の収集が困難な人など
  • 手上げ方式、同意方式、併用方式などを使用して
  • 世帯構成、緊急連絡先、希望する支援などを記入してもらう

・個別支援計画の作成

  • 個別に必要な支援(安否の確認、救出救護、避難誘導、情報収集)を話し合う
  • 一人の要援護者にに対して複数の至難支援者を設定

・訓練等の備え

  • 日頃の防災訓練等に安否確認も合わせて行う

要援護者支援(避難所)

障がい者や傷病者、高齢者の方々は、すぐに避難をするのが困難です。
また、避難所についてからも困ることがたくさんあります。
みんなも大変だからと遠慮して我慢している方や、状況を理解できなくて何もできない方もいます。
災害が起こったときは、周囲の人が進んで手助けをしましょう。
自分で判断できないことは、無理をせずに避難所運営の担当者に相談し、専門家やボランティアの力をかりましょう。

要援護者.png

◎目の不自由な方への支援

  • 目となって避難所内及び付近の地理や風景を説明。希望があれば掲示物を読む
  • 役所の手続きの書き込み、片付けなどの手伝い。点訳ができる人がいれば、必要なことのメモや、電話番号を打ってもらう。弱視の方には大きめの字でメモを書く。
  • 病院や役所、また避難当初には、配給場所やトイレなど、必要な場所への案内と確認の手伝い。
  • 必ず声を掛け、説明してから行動しましょう。いきなり手を引いたり、体に触らないようにしましょう。近づく時も離れるときも何かする前には必ず声を掛けてからしましょう。
  • 視覚障がい者とひとくちに言ってもいろいろな見え方があります。全盲の人もいるけど光の入り方や視野の狭さなど、それぞれ違います。

◎耳、言語の不自由な方への支援

  • 移動に関しては身体的介助は必要ないが、情報提供が必要です。情報が入らないことによる不安感が強いので、できるだけ情報を伝えましょう。
  • 情報の伝え方には、手話・指文字の他に、筆談、空書、口話などがあります。身振りや手振りで伝わることも多くあります。
  • 補聴器を使っている場合、相手が聞き取れなかった時は、大きな声を出すのではなく、言い方を変えましょう。

◎知的障害のある方への支援

  • 状況把握が難しい知的な障害をお持ちの方の安全な移動をサポートします。
  • 抽象的な事柄を理解することが苦手な方が多いが、積極的にコミュニケーションを取れば理解し合えます。
  • 本人の自主性を尊重し、気持ちや考え方の整理ができるようサポートしましょう。
  • 危険な時は、あわてたりしないように優しい声で指示し手を取って移動しましょう。

◎精神障害のある方への支援

  • 環境の変化によってパニックを起こしがちな方に、安心感を持って安全な場所に移動ができるようにサポートしましょう。
  • 急がせたり、焦らせる言動は慎みましょう。
  • 災害のショックなどで不安定な状態になりやすいので、置かれた状況に適切な対応ができるよう、相手を受けとめる姿勢でつきそい、安心感を与えましょう。

◎肢体の不自由な方への支援

  • 周囲の人と協力し、安全に移動できるようにサポートしましょう。
  • 車イスを押す時は必ず声を掛け、乗るとき、降りるときはもちろん、止まったら必ずブレーキをかけましょう。
  • 車イスに乗っている人は押している人が感じる以上のスピードを感じるので、左右をよく確認し、ゆっくり押しましょう。
  • 食事、トイレ、その他の生活介助など、障害に合わせてできない部分をサポートしましょう。

◎内部障害のある方への支援

  • 運動能力の低下している内部障がい者は、重い荷物を持つ、速く歩く、坂道や階段を上るなどの急激な肉体的負担を伴う行為は制限されていますので、そのことに注意してサポートしましょう。
  • 身体的には自己管理はもちろん、周囲の理解や配慮によって普通の人と同じように過ごせるので、環境を整えてあげることが必要です。

◎高齢者や寝たきりの方への支援

  • 自力で動けない、寝たきりでのお年寄りなどに対するサポート。
  • お年寄りは環境の変化にとても敏感な反面、他の人に迷惑をかけたくないという思いが人一倍強く体調が悪くても我慢してしまうことがあります。身体的、精神的な負担を軽減するための必要に応じたサポートを積極的にしましょう。
  • 耳の遠いお年寄りには、なるべくメモを残して情報を伝えましょう。聞こえないままでうなずいてしまう場合が多くあります。普通に声かけしても反応がない時は耳が遠いと判断できます。
  • 痴呆のお年寄りに対しては、見守りの姿勢で接しましょう。災害時の不安から大声や異常な言動が出ても、大騒ぎしたり本人をしかったり、否定しないようにしましょう。(危険な行動は除く)

◎外国人など、言葉が通じない方への支援

  • 区役所などで手続きをしたり、病院へ行ったり、家の修理を頼んだりする時に言葉が通じない時に通訳する。
  • 外国語でのニュースや、避難所などでの掲示物の翻訳する。
  • 通訳をするほどではないが、日本語が読めなかったり、地理に不案内な外国人に付き添う。外国人の日本語力によっては、外国語ができなくても活動可能。
  • 通信手段もあまりない場合、日本語ができない外国人が精神的に孤立することもあり、単なる話し相手になれる人も必要です。

◎乳幼児、及び子どもたちへの支援

  • 乳幼児の保護へのサポートをする。危険からの回避。
  • 子どもたちと遊んだり、子どもたちの話の聞き手になったりする。
  • 避難所などにおいて、学習環境のままならない子どもたちに対し、勉強を教える等のサポートを行う。
  • 震災等のショックは、子どもたちの心にも想像以上の影響を与えます。不安感を与えないよう、ケアすることが必要です。

避難所とは?

◎災害時に起こりうる被害

地震被害.png

避難所へ

◎避難所はこんなところです

避難所とは.png

発災〜3週間、長ければ半年