災害ボランティアの基本 of 和泉市災害ボランティアセンター検討会SVCK


(社福)和泉市社会福祉協議会

HOME > 災害ボランティアの基本

はじめに

災害ボランティアの基本的な考え方
災害支援ボランティアの目標・意義は、被災者とボランティアが災害被害に対する共通理解、共感、励ましあいを土台に、被災者一人ひとりの生活ニーズに応えた個々の生活支援への取り組みを通じて、被災者が本来持っている自力で生活できるように手助けし、生活の回復を支援することにあります。

ここでは、災害救援ボランティア活動に参加する際の基本的な注意事項についてご案内します。基本的な考え方は一般のボランティア活動と変わりませんが、特に災害時には以下のような点に配慮した支援活動を行うことが大切です。活動に参加する際の参考としてください。

  1. 災害救援ボランティア活動は、ボランティア本人の自発的な意思と責任により被災地での活動に参加・行動することが基本です。
  2. まずは、自分自身で被災地の情報を収集し、現地に行くか、行かないかを判断することです。家族の理解も大切です。その際には、必ず現地に設置されている災害救援ボランティアセンターに事前に連絡し、ボランティア活動への参加方法や注意点について確認してください。
  3. 被災地での活動は、危険がともなうことや重労働となる場合があります。安全や健康についてボランティアが自分自身で管理することであることを理解したうえで参加してください。体調が悪ければ、参加を中止することが肝心です。
  4. 被災地で活動する際の宿所は、ボランティア自身が事前に被災地の状況を確認し、手配してください。水、食料、その他身の回りのものについてもボランティア自身が事前に用意し、携行のうえ被災地でのボランティア活動を開始してください。
  5. 被災地に到着した後は、必ず災害救援ボランティアセンターを訪れ、ボランティア活動の登録を行ってください。
  6. 被災地における緊急連絡先・連絡網を必ず確認するとともに、地理や気候等周辺環境を把握したうえで活動してください。
  7. 被災地では、被災した方々の気持ちやプライバシーに十分配慮し、マナーある行動と言葉づかいでボランティア活動に参加してください。
  8. 被災地では、必ず災害救援ボランティアセンターやボランティアコーディネーター等、現地受け入れ機関の指示、指導に従って活動してください。単独行動はできるだけ避けてください。組織的に活動することで、より大きな力となることができます。
  9. 自分にできる範囲の活動を行ってください。休憩を心がけましょう。無理な活動は、思わぬ事故につながり、かえって被災地の人々の負担となってしまいます。
  10. 備えとして、ボランティア活動保険に加入しましょう。

全国社会福祉協議会のホームページより

服装や持ち物

活動時の服装や持ち物
suigaiv.jpg
台風や豪雨災害による水害、
また地震の場合でも津波による水害の場合、
主な活動内容が泥出し、片付けの作業となるため、
防塵マスク、厚手で長めのゴム手袋、長靴が必要となります。コンタクト使用の方は、ゴーグル装着も考えてください。
「水害ボランティア作業マニュアル」(日本財団、レスキューストックヤード発行)も参考にしてください。

LinkIconこちらから活動のマニュアルをpdfファイルでダウンロードすることができます

情報入手

災害ボランティア情報
被災地の情報は刻々と変化していきます。
また、地域によってもそれぞれ違います。
常に最新の情報を入手するよう心掛けて下さい。